はじめまして。うつわhakuです。
                         
はじめまして。陶芸家のひろすえたかこです。
高校生の時にみた、イギリスの陶芸家「ルーシー・リー」さんに感銘を受けて陶芸とは何だろうと制作を続けています。
ルーシーさんが大好きで、お手紙をお出ししたら、ルーシーさんからお返事をいただき「ぜひイギリスへいらっしゃい」と下さいました。
(ルーシーさんの展覧会を企画されたミヤケイッセイさんにルーシーさんのご住所を教えていただきました。)
その後、イギリスに行きましたが、ルーシーさんがご病気でお会いすることはできませんでしたが、ルーシーさんからの言葉は今もずっと心に残っています。
                
ところで、陶芸家の私は、大学卒業後、映画やテレビの美術の造形美術の仕事をしていました。
やっぱり陶芸がしたい!と、京都市工業技術研究所にて2年間の釉薬の修行後、増田屋ビルで制作を始めました。
                        
うつわhakuの名前の意味
                         
                         
うつわhakuの意味は、余白のhaku。
うつわにお料理を盛りつけたときに、うつわのかたちが完成すると思うので、お料理の余白の部分を大切にうつわづくりをしています。
余白はなかなか見えない空間だけど、少し角度を変えると見える不思議なものだとも思います。
また、うつわhakuはうつわだけでなく、うふふと笑いのある作品制作もしています。それも、気持ちとかこころの余白の一つかと思います。 
笑いは人との距離を近くしてくれるものと思います。                        
                         
    
    
                        
東日本大震災支援活動
          
          
くすっと楽しいうつわでいのちをつなぐ食べ物を、楽しく食べてもらえたらと、遺児孤児のこどもさんへ震災後の2011年6月から、ごはん茶碗とメッセージを贈る活動をしています。
「お茶碗お手紙プロジェクト」という活動です。
ごはんを食べることは、すべての始まり。そして、こどもさんの笑顔は、おとなも笑顔になります。笑顔が広がってほしいと思い、プロジェクトを立ち上げました。
                        陶芸家 ひろすえたかこ
                                 
                                  
RSS表示パーツ
お茶碗お手紙プロジェクト 代表  廣末貴子






 お知らせ 






  2015/2/10 うつわhakuの新しいサイトが出来ました!!見やすくなりましたのでぜひご覧ください。http://utsuwahaku.strikingly.com





                    
HOME うつわの余白 + お茶碗お手紙プロジェクト + MAP 陶歴 BLOG 陶芸教室 こども陶芸教室 ONLINE SHOP PHOTO